パチンコ店ではスロットマシンが設置をされており、幅広い年代の方に支持をされています。国内では定期的にマシンの性能に変更点を設けていますが、2021年1月からは6号機が各ホールで稼動をするようになりました。

この6号機の魅力を簡単に述べると、コイン持ちが良いという点です。それ以前の5号機の場合、1000円50枚あたりの平均ゲーム数は約10回しかありませんでした。

ベルの成立が約12パーセント・リプレイで40パーセントとなっていたため、大当たりを引くまでの試行回数が多くなったものです。

ところが6号機の場合はベルの成立率が40パーセントと高まり、60パーセントの確率でリプレイを引き当てることもできます。

同じ1000円あたりのゲーム数が35回となるため、少ない資金で初当たりを手に入れることが可能といえます。

6号機の場合、疑似ボーナスは廃止をされているのもポイントです。

5号機だと初回当たりはすべて疑似ボーナスだったので払い出しをされるコイン数が100枚以下でした。

ARTに突入をしないと勝ちを目指せない特性がありましたが、6号機は初回でも300枚以上の払い出しとなるため単発でも十分に勝つことが可能です。

また天井が800回にまで引き下げられているため、低設定のマシンであっても少ない資金で天井を狙うこともできます。

6号機はプレイヤーのお財布に優しい新しい新基準で、長く遊べるようになっているのが魅力です。